理想のマーケティングを実現するためには、成功例のリサーチと販売戦略を分析しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マーケティング のリサーチ

企業の生き残りの要は、マーケティング力と言われています。
インターネットの技術が発達し世界のあらゆる情報が瞬時に手に入る時代に、それらの活用技術のレベルは即座にマーケティング力に反映されます。
つまりマーケティングに乏しい企業というのは、情報戦略においても劣勢を強いられるというわけで、ビジネスにおいては大変厳しい状況に追い込まれてしまいます。
また、マーケティングについては様々な手法が存在し、それらを取捨選択し見極める力というのも持っていなければなりません。

まずはライバル企業のリサーチ手法を分析せよ

企業が求めるもの以外のデータを集めてしまっては、それはただの時間の無駄となり、そこにかけたコストや人件費がそのまま無駄な出費になってしまいます。
理想のマーケティングを実現するためには、成功例を徹底的にリサーチする必要があります。
どのような会社や業種にも必ずライバル企業が存在しているはずです。
その企業のリサーチ手法を徹底的に分析し、改善して自社に取り入れていく必要があります。実際に実績を上げている販売戦略よりも有効なマーケティングの手法などありません。
製造の方法や販売戦略をそのまま真似するのは、様々な問題が生じる可能性がありますが、マーケティングについては特に著作権などがあるわけではありません。
良いものは遠慮せずにどんどん自社に取り入れていく必要があるというわけです。

モニターを上手に活用して情報をゲットせよ

しかし、いつまでも他社の真似をしていてはライバル会社を追い抜くことができません。
そこで大切なのがモニターの存在です。
モニターは生の声をあげてくれます。
これはデータ化された情報のみをリサーチしたマーケティングよりも信頼性に長けていて、より慎重に分析しなければならないものとなります。
モニターを使った商品開発と、情報戦略におけるマーケティング力をバランスよくミックスさせてこそ、他社よりも秀でた商品の開発が可能となります。
マーケティングやリサーチ部門への転職を考えてる人は、その点を踏まえ、自分の情報量が偏向していないかを客観的に見てみる必要があります。

欠点を見つけ出せるリサーチ力を身につけよ

人の心理というのは不思議なもので、つい欲しい情報だけを手に入れようとしてしまいます。
しかし、むしろ会社が欲するのは欠点を補うことができる、耳を覆いたくなるような情報です。
クレームを大切にする会社が業績を伸ばしているという実態の秘密もそのような点に存在します。
実際にクレームが上がってくる前に、その可能性のあるサービスの欠陥を見極められるくらいのリサーチ力とマーケティング力を持っていれば、必ず会社から重宝される人材になるでしょう。

まとめ

マーケティング力を養うには、常に必要な分野の成功例の情報をリサーチする事が大切です。その情報から自分に必要なものを取捨選択し、自分のものにすることで、モニターからの声を分析する力をつける事ができるようになります。今の置かれている状況に満足するのではなく、マイナスの情報にも視野を広げ、クレームの可能性のある要素を事前に排除できる力を身につけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。