マーケティングには外債の知識を得てガッチリ稼ぐ先物取引

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
マーケッティング戦略

先物取引はレバレッジをかけられると言うことから、高いリターンを求められる投資商品の一つとして人気があります。
少額の資金で大きな利益を得たいという人にとって適したもので、どちらかというとハイリスクハイリターン商品だと考えられます。
先物と言っても株価指数先物やコモディティ先物などいろいろなものがありますが、これらの価格変動を考えるときに外債の知識が必要となってきます。
外債というのは、日本以外の国が発行している債券を指しますが、特に国が発行している国債についてはよく理解しておいた方が良いです。

先物取引にかかる外債の仕組みとは

例えばここ最近になってFRBが利上げを行っていますが、この利上げによって債券価格は下落することが予想されます。
利上げすることは、つまり債券価格が下落することを意味するからです。
これは外債だけの問題ではなくて、ほかの先物取引に大きな影響を与えます。

金先物と米国債に見られる外債の特徴

具体的に見ていくと、金先物と米国債の間には負の相関関係があります。
つまり、米国債が買われる局面では金が売られ、米国債が売られる局面では金が買われる傾向があります。
金は通貨の代替としての性質が強く、世界の基軸通貨であるドルを債券として持っておく安全性と、金を保有しておく安全性は常に比較されるために、このような現象が起こると考えられます。
ほかの先物取引についても金利をカイして外債との相関関係は認められますから、常に外債の動きを見ておくことは先物取引をする上で大事なことです。

海外fxのスプレッドを理解しよう

海外fxを始めてみようと思っている初心者は、まずスプレッドを理解する必要があります。
スプレッドというのは何かというと、海外fxにおける業者側の手数料となります。
初心者の内は海外fxはどこで手数料がとられるのかわからないということになりがちですが、スプレッドによって売買した時点でポジションにすでに手数料が含まれていると考えると間違いがありません。

海外fxのスプレッドの具体例

fxというのは常に売りと買いのレートが提示されていますがその差のことが、スプレッドであり売りが100.000買いが100.003といったように表示をされています。
この0.03の部分に当たるのがスプレッドであり売りと買いを同時に行った場合、0.03円分の損失が発生するということになります。
これは一体どういうことかというと買いで考えた場合、100.003で買ったものを得る場合には100.0000でしか売ることができないので相場がそのまま動かなかった場合0.03円分損失が発生するということになります。

初心者でも始めやすいのが海外fx

つまりこの差が小さい業者ほど手数料が少ないということになるので、初心者の場合にはできるだけスプレッドが狭い業者を選ぶことによって有利な取引をすることが出来るのです。
海外fxで取引にかかる手数料というのは基本的にこの部分だけであり、動かすことが出来る金額に対して非常に手数料が割安なものとなっているので初心者であっても投資をしやすいためよく理解してから投資を始めると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。